TOPaboutcataloglinklinkbloglink

topix

造花について

IMG_5805.jpg

ここ数年、品質の向上が目ざましい造花などの資材。実物に葉に、デザイン的なものも豊富。材料の多さから、プリザーブドフラワーに比べて、アレンジの幅も広がります。
アートフラワー、シルクフラワー、フェイクフラワー、など、呼び方は色々ですが、模造品(フェイク)が一番しっくりくるように思います。
光触媒のフラワー、観葉植物などもありますが、個人的には全く効果はないと・・・空気の清浄化を希望するなら、生きた植物を飾るか、換気する方が良いのでは?と思います。
なので、光触媒を売りにしたものは扱っておりませんので、ご了承ください。
造花の良さはなんといっても丈夫!植物とは思わずに、雑貨、立体的な花模様と思って、インテリアに、ファッションに取り入れて、楽しむ事をオススメします。

IMG_5490.JPGIMG_5491.JPG

comocoでは造花の作成はしておりません。メーカーさんで作られたものを資材として仕入れ、アレンジ等制作しています。造花の構造上、花首が抜ける場合があります。その場合は少し接着剤をつけて、挿し込んでください。

プリザーブドフラワーとは?

P10100225.JPG

プリザーブドフラワーは”枯れない花”として、人気のある素材です。生花に特殊加工を施し、生花のような風合いを長時間保つ事ができ、色のバリエーションが豊富で、生花には存在しない色が魅力です。水や湿気に弱く色落ちする事があるので取り扱いには注意が必要です。生花に加工をしている特性上、色や大きさなどは同じ物でも若干の違いがあります。価格は生花にくらべて高く、倍と考えてもらうと良いかと思います。造花とは違いますので枯れないといっても、色あせなど、劣化はします。飾る際は直射日光と湿度の多い所は避けて楽しんでください。
comocoではプリザーブド加工はしておりません。メーカーさんで作られたものを花材として仕入れ、アレンジ等制作しています。

プリザーブドフラワーの魅力は?

プリフラの魅力は色と長時間保存が可能なこと。加工したものとはいえ、生花由来、自然の風合いは残っています。
けれど、どんなにきれいであっても、生花のようなフレッシュ感、美しさにはかないません。それなら、生花にはない色、出来ないデザインを楽しもう!というのが、私のモットーです。
プリフラは人工的な資材や光物ともよく合います。保存がきく点において、ブーケにも適しており、そのままの状態で残せます。

フローラルフォーム PAO-F について

pao.JPG

ウレタン樹脂性のフローラルフォームです。見た目はオアシスと変わりないですが、燃やす事ができ、家庭において処分する際も、燃えるゴミとして分別して頂けます。一般的にオアシスと言われる、アレンジフォームは可燃物として処理は出来ません。また、水を吸収すると酸性になり、手荒れや花の茎を痛める原因でもあります。生産の工程で必要なホルムアルデヒドも含んでおり、人にとっても、花にとっても、環境にとっても良い物とは言い切れません・・・。
PAOは水を吸収しても中性を保つため、花持ちも良く、弱い茎でも焼けたような状態になりません。(写真左がPAO、4日後の結果です。)09/4よりアレンジフォームを使用する際はPAOに変更致しました。燃えるからといって、沢山使用してはゴミの削減につながらないので、これからも使用は最小限にするよう、努力して、良い商品を提供したいと思います。

北の植物を守る〜特定外来種について

おおきんけいきく.JPG

環境の変化、人為的な問題、帰化植物の繁殖などで、身近であった植物が姿を消そうとしています。北海道で問題になっている帰化植物は4種、アレチウリ、オオフサモ、オオキンケイキク、オオハンゴンソウ、中でもオオキンケイキク、オオハンゴンソウはガーデニングなどにも使用され、分布が拡大しています。このような特定外来種は育てる事、植える事を禁止されています。お庭にある方は引き抜いて頂くようお願い致します。